仮想通貨のウォレットでおすすめは?

仮想通貨のウォレットって聞いたことはありますか?

 

 

仮想通貨はばく大に資産を殖やせるため、

 

ウォレットに預けておくことができます。

 

 

ウォレットといってもいくつかの種類があり、

 

それぞれメリット・デメリットがあります。

 

 

今回はおすすめの仮想通貨ウォレット

 

詳しく紹介していきます。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、

 

一般的には取引所内のウォレットに預けることを指していいます。

 

 

取引所は仮想通貨の売買をする所なんですが、

 

取引所内にはウェブウォレットがあります。

 

 

例えば有名所の取引所ですと

 

ビットフライヤーやコインチェックなどがありますが、

 

両社とも万が一の時の盗難補償もあります。

 

 

ビットフライヤーが500万円まで、

 

コインチェックが100万円までの補償ですね。

 

 

一見大きな金額を補償してくれているかのように見えますが、

 

仮想通貨投資ではこれよりも大きく稼げるケースも少なくありません。

 

 

取引所内にあるウェブウォレットは、

 

仮想通貨を売買すると自動的に預けられるので

 

手軽に利用できるというメリットがあります。

 

 

しかし、ウェブウォレットはセキュリティが弱いというデメリットもあります。

 

 

仮想通貨資産が補償以上の額になれば、

 

ハッカーに狙われる可能性はゼロではありません。

 

 

資産が増えればハードウォレットに仮想通貨を移すことをおすすめします。

ハードウォレットとは?

仮想通貨投資をはじめて、

 

資産が増えたらハードウォレットに資産を移すことをおすすめします。

 

 

ハードウォレットとは、

 

人気の商品としてはナノウォレットなどがあります。

 

パソコンに刺すUSBのような形をしていて、

 

あなたの仮想通貨の秘密鍵データをハードウォレットに移行させて

 

資産を保管します。

 

 

ウェブウォレットはインターネット上でつながっていますが、

 

ハードウォレットは物質に資産を保管するため、

 

オフラインとなり、ハッカーに狙われる可能性がとても低くなるのがメリットです。

 

 

デメリットとしては、

 

物質なので破損や紛失するリスクがあります。

 

 

そのため、ハードウォレットは本体と予備の二つ用意することが安全策となります。