仮想通貨のネム(NEM)って何?

仮想通貨ネム

 

仮想通貨のネムNEMってどんな通貨なんでしょうか?

 

 

最近ではネムは高騰を見せています。

 

 

ネムの特徴や、仮想通貨としての役割、これからいくらになるのか?

 

を主に紹介していきます。

ネムNEMの特徴や仮想通貨としての役割

NEMはもともとNew Economy Movementつまり

 

新しい経済運動という意味があります。

 

その略語でネムとなります。

 

 

 

ネムはすでにすべての発行を終わっています。

 

 

ネムの総発行枚数は8,999,999,999XEM。

 

 

1600人の投資家たちにわけられたとされています。

 

 

ネムにはビットコインのようにマイニングはありません。

 

 

マイニングのかわりにハーベストがあります。

 

 

ネムを持っているユーザーがハーベストを行うと報酬がもらえる仕組みになっています。

 

 

ネムの特徴は何といっても「公平」であることでしょう。

 

 

ビットコインはもともとユーザー同士でやりとりできる通貨として

 

画期的なため、値を上げてきました。

 

 

ビットコイン同士、その間には国や銀行を介さずやり取りできるので

 

手数料も時間もかからず、一つの所に権力が集中しないのがメリットでした。

 

 

ビットコインはマイニングしないとビットコインのセキュリティを保つことができません。

 

 

しかし、ビットコインのマイニングには、

 

高機能なスペックのパソコンや膨大な電気代を支払えるほどの資金力が必要です。

 

 

そのため今ではビットコインのマイニングは大きな組織が資金を使ってやっているのが現状です。

 

 

個人でビットコインのマイニングはほぼ不可能になっていて、

 

これによりビットコインが中央集権化しやすい問題を抱えています。

 

 

すると本来の平等であるはずの仮想通貨が平等ではなくなってしまいます。

 

 

 

しかし、NEMは採用システムにより、ハーベスティングに

 

高機能スペックなパソコンも膨大な電力も必要ありません。

 

 

誰でも気軽にハーベスティングに参加でき、ビットコインのように

 

中央集権化しにくいのがネムのいい所です。

2018年はネム高騰の予感?!

2018年はネムが高騰しそうな予測ができますね〜

 

 

それは「カタパルト」を控えているからです。

 

 

ネムのカタパルトとは、一般的にいうアップデートのことです。

 

 

仮想通貨としての機能を向上させることをいいます。

 

 

このカタパルトを成功させると、

 

ネムはビットコインよりイーサリアムよりリップルより速く

 

取り引きを処理できる仮想通貨となります。

 

 

これはネムホルダーにとっては、とても期待できますし、

 

仮想通貨として処理速度が最も速くなれば

 

ネムが高騰するのは目に見えていることです。

関連ページ

仮想通貨のイーサリアムETHとは?
仮想通貨には興味あるんだけど、何から始めたらいいかわかんない!詐欺も怖いし…今回は仮想通貨のイーサリアムについて紹介していきます。
仮想通貨のリップルとは?
最近高騰中のリップル。リップルはどんな仮想通貨でどんな機能があるんでしょうか?リップルはこれからどんな期待をされているんでしょうか?まとめました。
ペペキャッシュ仮想通貨とは?
ペペキャッシュというアルトコインはどんなコインなんでしょうか?将来の価格やどこで買えるのか?などペペキャッシュを詳しく解説します!